社員紹介03:不安でいっぱいの私を、家族のように迎えてくれた。本田 佳子(入社1年)

 入社して1年が経とうとしています。はじめは正しいおじぎや笑顔を学ぶところからスタート。
感謝とお詫びのおじぎでは角度が違うことなど、
学生時代のアルバイトでは意識もしていなかったことばかりで、学びと同時に驚きも多かったです。
 最近では少しずつできることが増え、
お客さまからも「本田さんにお願いしたい」と指名されるようになりました。
成長を実感できる瞬間は職場だけではありません。
同世代の友人と会話をすると、ふと大人の意見を持っている自分に気付けます。
そんな地元の友人だけでなく、同期の方々にも負けないよう、
今以上にお客さまに必要とされる一人前の社会人を目指して成長を続けたいです。

武田メガネを一言で表現すると?

同期や上司、そして社長も含めて「家族」です。「仕事に行くのが辛い」という悩みも、社内で人間関係のストレスを感じたこともありません。こんな素敵で明るい職場環境をつくっていただいた、すべての先輩方に心から感謝です。

お客さまとのエピソードを教えてください。

ご年配のお客さまから笑顔を褒めていただくことがすごく多いんです。入社前から笑顔にはちょっと自信があったんですよ。私がニコニコしていると、他のスタッフや、お客さまもつられてニコニコになって、お店全体が明るくなる。素敵な相乗効果ですよね。

就職活動中の方へのメッセージはありますか?

面接の際、社長から「武田メガネは何店舗あるか知ってる?」という質問をされました。幸い下調べをしていたので、自信を持って答えることができました。自分が働きたいと願っている企業のはずですから、ある程度は興味を持って調べておく必要があるのだと思います。

社員紹介03:本田 佳子

この職場で磨きたいポイント

ここ最近、お客さまにお喜びいただくことが増えてきた反面で、ご高齢の男性のお客さまからは「最近の若い人は会話ができない!」とお叱りを受けることも…。知識不足・経験不足を痛感します。すべての方に一辺倒な接客をするのではなく、お客さまの表情や仕草など、くまなく観察して、一人ひとりに合った十人十色の接客ができるようになりたいです。それには、先輩の接客姿勢や所作を真似るところからはじめていきます。社員紹介03:本田 佳子

PAGE TOP