最寄り店舗情報はこちら 店舗検索
  • 会社概要
  • recruit

中近両用レンズについて

中近両用レンズ

快適に室内空間を過ごすための専用レンズです。会議室でのモニターやホワイトボードから手元の資料まで、お料理でもテレビから調理の作業まで、室内空間を快適に見渡せ手元も見やすいレンズが中近両用タイプです。

中近両用レンズの長所と短所

tyuukinn1.jpg


今までの中近両用レンズでは手元は見やすいものの、1,2メートル先しか見れず、室内を歩いたり、立ち仕事では使いにくい部分がありました。
今、各メーカーから発売されているレンズは設計の開発が進み、内面累進、両面累進など視野も広く、ユガミが少なく、室内レベルの広さ(2m~4m)であれば見渡せます。また、使い慣れれば歩くこともできるようになりました。
更には中近の中でも屋内(より広い範囲)、室内(今まで同様)、と環境に合わせてお作りすることもできます。

外面設計の中近と内面累進+内面非球面設計の中近の違い

一つのメガネで室内が見渡せ、近くまでピントが合うように作られているため、自宅やオフィスで、とても使いやすいレンズです。

1枚のレンズで遠くから近くまで見える反面、それぞれの視野が狭くなることと、連続的な度数変化でレンズ周辺にユガミを感じてしまう点です。

ただ、最近はレンズ設計の開発が進み、内面累進、両面累進など視野も広く、ユガミが少ない中近両用レンズもあります。

今までのレンズとは慣れやすさ、使いやすさが格段に進化しています。

tyuukinn2.jpg

トピックス

第21回 武田特選会

メガネ・サングラス・時計の特別販売会

2017AUTUMN SALE

秋の新作コレクション!!

秋の補聴器相談会

9/1(金)よりスタート!ご相談・定期点検などぜひご来店ください

テレビ通信タイプ補聴器

TVの音が直接聞こえる補聴器新登場!

ハイブリッド充電式補聴器

ハイブリッド充電式補聴器新登場

補聴器Q&A

聞こえについてお困りごとは?

紫外線や青色光を吸収して目にやさしいレンズ

光をダブル吸収して眼を鉄壁ガード!!

「武田メガネを装った不正サイトにご注意ください」

PAGETOP