最寄り店舗情報はこちら 店舗検索
  • 会社概要
  • recruit

遠近両用レンズについて

遠近両用レンズ(累進屈折力レンズ)

レンズ上部(遠くを見る部分)から下部(近くを見る部分)にかけて度数を連続的になめらかに変化させたレンズを遠近両用(累進屈折)レンズと言います。遠くから近くまで一つのレンズで見れ、以前の遠近両用のような境目もないので見た目も自然で、老視の視力補正に向いたレンズです。

遠近両用(累進屈折力)レンズの長所と短所

一つのメガネで遠くから近くまでピントが合うように作られているため、使い慣れると非常に便利です。
気をつけないといけない点として、1枚のレンズで遠くから近くまで見える反面、それぞれの視野が狭くなることと、連続的な度数変化でレンズ周辺にユガミを感じてしまう点です。ただ、最近はレンズ設計の開発が進み、内面累進、両面累進など視野も広く、ユガミが少ない遠近両用レンズもあります。
また、近くをもう少し見やすくした時などは中近両用、近近両用など目的にあわせた両用レンズもあります。

enkin1.jpg

外面設計の遠近と内面累進+内面非球面設計の遠近の違い

図のように今までの外面設計レンズでは周辺にユレ・ゆがみが生じ視野の狭さや歩きにくさなど、慣れない方にとっては使いづらいもでした。
外面設計にあるこれらの弱点を補い、より使いやすく違和感の少ないレンズが内面設計+内面非球面設計のレンズです。周辺を見渡す時の自然さ、近くを見る部分の湾曲の少なさ、今まで遠近に抵抗があった方にもお勧めのレンズです。

enkin2.jpg

感じる心地良さ

図のように普段の生活の中でもこれだけ視野に差がでます。レンズの中ではわずか数ミリ単位での違いなのですか見渡す世界になると、これだけ視野に違いを感じます、そして、その性能から感じる快適さも体験できます。

enkin3.jpg

 

トピックス

第21回 武田特選会

メガネ・サングラス・時計の特別販売会

2017AUTUMN SALE

秋の新作コレクション!!

秋の補聴器相談会

9/1(金)よりスタート!ご相談・定期点検などぜひご来店ください

テレビ通信タイプ補聴器

TVの音が直接聞こえる補聴器新登場!

ハイブリッド充電式補聴器

ハイブリッド充電式補聴器新登場

補聴器Q&A

聞こえについてお困りごとは?

紫外線や青色光を吸収して目にやさしいレンズ

光をダブル吸収して眼を鉄壁ガード!!

「武田メガネを装った不正サイトにご注意ください」

PAGETOP