最寄り店舗情報はこちら 店舗検索
  • 会社概要
  • recruit

補聴器をお考えの方へ

快適な補聴器ライフは自分の聞こえを知ることから始まります。年齢とともに、体にはいろいろな変化があらわれてきます。
聞こえもそのひとつ。聞く力(聴力)は少しずつ低下していくので、その衰えには自分ではなかなか気付かないものなのです。

聞こえに問題があると感じたら以下の項目をチェックしてみましょう

  • テレビやラジオの音が大きすぎるといつも言われる
  • 玄関のチャイムや電話の呼び出し音が聞こえず、応対できなかったことがある
  • 人が多い場所や騒がしい場所では会話についていくのが大変だ
  • 会話中に相手が口ごもり、はっきり話していないように見える
  • 話し声が大きすぎると言われる
  • 何度も聞き返すことが多い
  • 聞こえに問題があるのではと家族や友人から言われたことがある
  • ラジオから流れてくる歌の歌詞を理解できないことがある

いずれかの項目に当てはまる場合、何らかの難聴が発生している可能性があります。
耳鼻科医、補聴器専門家による詳しい聞こえの測定を受けられることをお勧めします。

正常 30dB未満 ・普通の会話は不自由を感じない
・ささやき声もよく聞こえる
軽度 30~50dB未満 ・小さな声やささやき声は聞き取りにくい
・テレビの音が大きいと言われる
中度 50~70dB未満 ・普通の会話が聞きづらい
・自動車が近くに来て初めて気づく
高度 70~90dB未満 ・大きな声でも聞きづらい
・大きな声でも聞き間違いが多い
重度 90dB以上 ・耳元での大きな声も聞きづらい
・日常での音声はほとんど聞こえない

難聴のタイプ

難聴には、伝音性、感音性、または両方が混合したものがあります。

伝音性難聴

疾患または障害が原因であり、外耳または中耳からの音の伝達が低下します。このような難聴は通常、投薬治療または外科治療を行うことができます。また、補聴器を使用することにより、十分に聴力を改善させることができる場合もあります。

感音性難聴

内耳または神経経路に疾病または障害の原因があります。この場合、音は外耳および中耳から伝わりますが、内耳においての音の伝達が効率的に行われていません。このタイプの難聴は、通常、蝸牛内の有毛細胞または細かい神経末端の損傷により発生します。
これにより、音の強さおよび音質を認識しにくくなります。このタイプの難聴は通常、補聴器により調整を行い、音を増幅させることによって聴覚感度の定価を補償します。

混合性難聴

伝音難聴と感音難聴が同時に発生した場合、混合性難聴といいます。このタイプの難聴の治療には、医療行為を行う場合と補聴器を装用する場合とがあります。

耳が遠くなってもそのままにしていると、耳から入るべき情報が減ってしまい、不便な事が多くなります。
聞こえに合わせた補聴器をつけると、耳から入る情報が増えて、人間関係もずっとスムーズになってきますし早くつけ始めれば、順応しやすく覚えも早いです。
ご自身の聞こえと補聴器について、よく知っていただいたうえで快適な補聴器ライフをスタートさせてください。

new_ear_tou...

 

トピックス

2017AUTUMN SALE

秋の新作コレクション!!

秋の補聴器相談会

9/1(金)よりスタート!ご相談・定期点検などぜひご来店ください

テレビ通信タイプ補聴器

TVの音が直接聞こえる補聴器新登場!

ハイブリッド充電式補聴器

ハイブリッド充電式補聴器新登場

補聴器Q&A

聞こえについてお困りごとは?

「武田メガネを装った不正サイトにご注意ください」

新タケダジュニア

中学生までのお得なプランがさらにパワーアップ!

快適プラスワンサービス

遠近両用メガネをご検討のお客様へ

PAGETOP